Mr.リビンマッチがお送りする|歩き方

日本最大級の不動産サービス リビンマッチ(旧スマイスター)の使い方を徹底解説!

カテゴリー: リビンマッチ 利用者の声

【Mr.リビンマッチが解説】サービスを活用しての声 その5

不動産6

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・歩き方」今回は、「サービスを活用してその5」です。

今回も、リビンマッチ(旧スマイスター)サイト内にある「不動産コラム|利用者の声」にある、過去のリビンマッチ(旧スマイスター)利用者がおっしゃった感想についてご紹介します。

今月、5回目の今回ご紹介するインタビューでも、リビンマッチ(旧スマイスター)を利用した方の実際に下した判断や、物件の評価基準の話などが掲載されており、大変興味深いものでした。参考になると思いますのでぜひ御一読ください。

リビンマッチ(旧スマイスター)を実際に利用した方の声

「路線価だけでなくて、住環境も加味して評価してもらいました」(男性/40代)
こちらの利用者は、リビンマッチ(旧スマイスター)を利用した時期と媒介契約締結時期はともに2016年の3月と、利用開始から媒介契約までひと月もかかっていません。物件は鹿児島県鹿児島市の一戸建て、専任媒介契約で査定最高価格が1,600万円、最低価格が1,000万円でした。

Q 鹿児島の一戸建ての売却を検討した理由はなんですか?

A 父が住んでいた一戸建てだったのですが、入院してしまい手放すということだったので売ることにしました。地元の不動産会社1社1社に査定を頼んでも良かったのですが、「低くなりがちなのでは」と思い、また今相場的に価格が落ちているといった話を聞いていて、少しでも高く売却したいと思いリビンマッチ(旧スマイスター)を利用しました。
自分の父親を見ていて、サラリーマンが一生かけて建てた家を安く売ってしまうことに納得行きませんでしたから。父親が家を手に入れる経緯を見ていたものでしたから、なかなか簡単に売れないと思いました。
住まいというのはそれぞれ家族にとって思い出の詰まった特別な場所です。
しかし他人には当然分かりませんし、査定価格にも反映するものではありませんから、理解はしても、どうしても納得のいかない価格を付けられてしまうこともあるでしょう。

リビンマッチ(旧スマイスター)では複数の会社が各社の基準で査定してくれますから、そういった場合にも、少しでも希望に近い評価をしてくれる業者が現れる可能性があります。

Q リビンマッチ(旧スマイスター)のサービスで良かった点と悪かった点は?

A 動きが早かったことが良かったです。すぐに電話があり、すぐに見積もりがあり、すぐにアプローチ。
とても気持ちが良かったです。
リビンマッチ(旧スマイスター)さんの迅速な対応に満足されているようです。
このように、最初のきっかけがサイトへの入力で始まる場合というのは、誰とも電話や対面で話すことなく自分一人でスタートしますから、リアクションが遅いと放っておかれた気分になって不安になります。

もちろん煩わしさがないという点は一括査定サイトの大きな利点なのですが、そういった不安や気分を害することがないように、リビンマッチ(旧スマイスター)さん側も十分に配慮されているようです。

Q 各不動産会社の対応はどうでしたか。

A 4社に依頼したのですが、そのうちの2社は手堅い金額でした。あとの2社が似たような金額で、どちらも資産価値を見てくれているようで、そういったところを選びました。
売れる値段ではなく、ちゃんとした価格を提示してくれる会社ですね。売り急いでいるわけではないので。そこから更に絞りました。
複数の会社を見ることができるので、各社がどういったねらいで査定額をつけているのか、その視点や姿勢の違いも見ることができます。
もちろん売却を急がなくてはならない場合には、相場から判断した「売れる値段」をつけてくれる会社が合っているわけで、高い査定額を出すところだけでなく、事情に合った会社を探すにもリビンマッチ(旧スマイスター)は便利です。
Q 取引した不動産会社に決めた理由は?
A それは、査定額ですね。正当な評価をしてもらっていると感じたからです。
価格を算出するためには「路線価」などいろいろな指標あるのですが、それだけではなく、近くに公園があったりといった住環境も含めて評価してもらったと感じています。
実際の価値は路線価などでは決まらないということですね。
評価の指標でちゃんと物件の良いところを評価してくれる、そういった売主のことを考えた査定をしてくれているということも、複数の会社の査定を受けてみないことには分かりません。

評価指標というのは路線価など数字として比較が容易な分かりやすいものから、住環境という数字では表し難いものまでさまざまです。
数字というのは、説得するには有効かもしれませんが、ときに納得させるものではないこともあります。

売るのは人間が心で決めるものですから、少しでも納得のいく評価基準をもった会社を選ぶことが重要であり、リビンマッチ(旧スマイスター)のような一括査定できるサイトはその役に立つはずです。

Q 今回の売却活動で初めて知ったことや驚いたことは?

A 日本の地価が買うときは高くて、売るときは買い叩かれるんだなと感じました。日本自体がバブル崩壊や不景気、リーマンショックなどで価格が落ちているという印象を受けました。
そういった事から実際に思っていた価格よりは開きがありましたね。
でも、その希望額に一番近い会社で提示してくれた会社には、売れる売れない関係なく満足しています。
査定額というのはあくまで媒介契約の合意額ですから、この価格で市場に出すというもので、必ずしもそれで売れるかどうかは分かりません。

しかし、あくまで家の持ち主は売主ですから、納得のいく金額でまず媒介契約を結べたということは、とても喜ばしいことだと思います。
リビンマッチ(旧スマイスター)サイトでは、少しでも納得のいく評価をしてもらいたい会社と出合いたいと思ったときに、とても便利なサイトです。

【Mr.リビンマッチが解説】サービスを活用しての声 その4

不動産7

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・歩き方」今回は、「サービスを活用してその4」です。

リビンマッチ(旧スマイスター)サイト内にある「不動産コラム|利用者の声」ページにある、実際にリビンマッチ(旧スマイスター)を利用した方々の声をご紹介します。

今回ご紹介するインタビューでも、リビンマッチ(旧スマイスター)を利用し方の実際のやりとりの内容や、決断に至った経緯が掲載されていて、大変参考になると思います。

リビンマッチ(旧スマイスター)のサービス利用者の声をご紹介

「会社のポリシーと、営業マンのやる気は非常に重要」(男性/60代)
こちらの利用者は、リビンマッチ(旧スマイスター)を利用した時期と媒介契約締結時期はともに2016年の4月と、利用開始から媒介契約までひと月もかかっていません。物件は千葉県松戸市の分譲マンション、専任媒介契約で査定最高価格が1,619万円、最低価格が1,460万円でした。

Q 松戸市のマンションの売却を検討した理由はなんですか?

A 昭和54年ごろに私と父親で購入したマンションで、4年前に父親が亡くなり、母親が1人で住んでいた。
その母親が去年老人ホームに入居し、マンションには時々帰宅する程度になっていたので、売却を検討したいと考えました。
建てたときには一生住み続けるつもりだった我が家でも、ライフステージの変化によって住まいを住み替えていくことはままあることです。
住宅をどうしようか困ったとき、リビンマッチ(旧スマイスター)のような一括査定サイトがあれば、複数の不動産会社の情報が入ってくることで助けになります。人生の変化に合わせて不動産をどうするか、情報が欲しいときにリビンマッチ(旧スマイスター)は役立ちます。

Q これまでインターネットでリビンマッチ(旧スマイスター)のような一括査定サイトをご利用されたことはありますか?

A はじめてです。
3年以上前に、いわゆる特定の不動産会社さんが運営するサイトで問い合わせたことがありますが、複数社は初めて。
私自身、大きな不動産会社とも繋がりがあったのですが、そこにはまだ売らないと言っていました。そんななかでリビンマッチ(旧スマイスター)を凄くいいタイミングで見つけたと思います。
マンションに家具が残っており、別段すぐに売る気もなかったのですが、ぼちぼち出そうと考えていた折、利用しました。
元々不動産会社とのコネクションもあり、そことの話で決めていた「売らない」という判断も、リビンマッチ(旧スマイスター)の利用をきっかけに変わったようです。
複数の不動産会社に査定してもらうことで選択肢が増えて、新しい判断につながったようです。
このように、気軽に物件情報を登録できることで、チャンスが増えることもリビンマッチ(旧スマイスター)の利点です。

Q リビンマッチ(旧スマイスター)のサービスで良かった点と悪かった点は?

A 不動産会社からのレスポンスがめちゃくちゃ良いです。すぐ連絡が来ました。
その中でお話や提案を聞いて、物件の現地に近かったり、大手さんや地場の業者さんまでいろんなタイプの業者さんがいて、その中で選べたのが良かったです。
それらの会社さんの中で、実際に見積もってもらったのは2社さんでした。
さまざまなタイプの業者に見てもらうことで、それまで気付かなかった新しい価値を知るきっかけになったことと思います。
それぞれの会社独自の査定をもらえることで、物件の価値というのは多様であり、もっとも良い評価をもらえたところを選ぶということは、一社だけの査定を受けるだけではできません。

Q 取引した不動産会社に決めた理由は?

A 一番の決め手は担当の営業の方の姿勢ですよね。
それとバックにある会社がどういった対応力があるのか、です。
会社が用意しているパンフレットや過去の実績も非常に重要だと考えました。
今回2社から1社を選んだのですが、1社はフランチャイズの会社でもちろん実績などもあったのですが、もう1社の方がきっちりしている印象がありました。
例えば、不動産会社と結ぶ媒介契約の種類においても、一般媒介契約ならこれぐらいの広告を出す、専任媒介契約であればしっかりとお金を掛けて広告を出しますよ、といった提案がありました。
また、査定の見積もりがしっかりしていたことも重要です。
できるだけ高めで査定してほしいと要望を伝えたところ、実はフランチャイズの会社さんの方が高い査定額を提示しました。
しかし、価格の根拠がなかったんですね。「それでは全然売れない価格じゃん」と感じました。一方で、契約した会社はこちらの要望にあわせて3つの価格を提示してもらいました。
・売れないかもしれないけど目いっぱいの価格
・これだったら売れる可能性高い価格
・絶対に売れる価格
こういった会社のポリシーと、営業マンのやる気は非常に重要だな、と感じました。
この利用者の方が不動産会社の規模の大きさや、査定額の多寡では選んでいないというところが、営業マンの力というものがいかに大事か分かります。査定額にしっかりとした根拠を示し、要望にも複数の選択肢を用意して、顧客がより納得して決断できるように細やかなサポートがなされています。こういった優秀な営業マンに出会えた幸運も、複数の会社に査定を依頼できるからこそだと思います。

Q 今回の売却活動で初めて知ったことや驚いたことは?

A 売却したときに発生する譲渡税の関係ですね。
高く売った場合に相当税金取られるんではないかなと思っていたのですが、詳しく聞くとそんなことはありませんでした。
契約した会社さんがオリジナルでそういった税金の本を出されていて、その本も大変参考になりました。
フランチャイズではない不動産会社でも、こういった独自のサービスに力を入れることで、しっかりと大手と渡り合っています。
リビンマッチ(旧スマイスター)サイトで複数の会社を見比べるだけで、有名な会社ではない、知らない会社であっても繋がりができますので、物件にピッタリの仲介会社を探し出すのに非常に役立つと思います。

【Mr.リビンマッチが解説】サービスを活用しての声 その3

不動産8

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・歩き方」今回は、「サービスを活用してその3」です。

今回も、リビンマッチ(旧スマイスター)サイト内にある「不動産コラム|利用者の声」ページに載っている、実際にリビンマッチ(旧スマイスター)を利用した方の声をご紹介します。

インタビューでは、リビンマッチ(旧スマイスター)を利用してそのサービスを体験した方の実際のやりとりや、率直な意見、ときに不満などもあり、今月は3回目となりますが、リビンマッチ(旧スマイスター)側も忖度することなく利用者の声を載せていますので、大変参考になると思います。

リビンマッチ(旧スマイスター)利用者の声

「結果的には、仲介ではなく買取をして頂けた」(女性/40代)
こちらの利用者は、リビンマッチ(旧スマイスター)を利用した時期2016年4月、媒介契約締結時期は翌月の5月と、利用開始から媒介契約までひと月です。
物件は富山県射水(いみず)市の分譲マンション、査定最高価格が1,1800万円、最低価格が1,100万円でした。

Qリビンマッチ(旧スマイスター)のサービスで良かった点と悪かった点は?

A 4社さんほどに依頼を出したのですが、どこの不動産屋さんも似た査定額だったので、本当の第三者からの査定額が把握できたことは良かったです。
悪かったところは、査定の方が来られることが少し面倒だったということですね(笑)
リビンマッチ(旧スマイスター)のサービス自体の悪いところはありませんでした(笑)
複数の会社から査定のための訪問を受けるというのは必要なことではありますが、大変だったようです。
しかしその分色々な会社が出す、仮ではなく本気の査定額を知ることができますので良かったのではないでしょうか。
仲介ではなく、買取の会社に決定できて結果オーライとなったのも、複数の会社に見てもらったお陰といえます。

Q 取引した不動産会社に決めた理由は?

A 結果的にはその中の1社さんに、仲介ではなく買取をして頂けたんですよ。
そこの買取の査定額が、他の会社の仲介の査定額と値段と同じぐらいだったため、すぐ売れるし、こちらの希望額に近かったこともあり即決しました。
他会社は買取をやっていないところや、買取だとかなり安くなってしまうといった案内がありましたから。
また、今回の私たちのような住み替えといったケースでは、明け渡しの時期の調整できる買取はとても楽でした。
住み替え先のマンションの契約時期と明け渡す時期の融通をかなり聞いてもらいました。
リビンマッチ(旧スマイスター)のような一括査定サイトであれば、条件や事情の違うさまざまな会社からの査定を受けることができますので、たとえ査定価格が似たり寄ったりであったとしても、条件面での違いが決め手になることもあります。
やはり複数の会社の査定を一括で簡単に受けられるのは、細かい希望条件をクリアしていくための選択肢が豊富になりますから非常に有効です。

Q 今回の売却活動で初めて知ったことや驚いたことは?

A 今回、複数の会社に訪問査定をしてもらったのですが、どの会社も「凄い細かいところまでは見ないんだな」と思いました。
例えば、戸がきちんと開くかといった部分も細かく見られると思っていたのにさらっとしていて驚きました。
実際の査定を経験するとなると、家の中を隈なくチェックされてしまうという先入観も大きかったことでしょう。
査定する側も決して適当に見ているというわけではなく、査定に必要なポイントというのをしっかりと押さえているはずですから、素人から見ればプロの査定というのはあっさりした印象を受けるのかもしれません。

Qこれから売却する方へのアドバイス

A アドバイスではないんですが、個人的に各会社に査定を依頼するよりかは、リビンマッチ(旧スマイスター)を使って一括で問い合わせをして、複数の会社の金額の違いなどを比較した方が良いな、と思いました。
やはり複数の会社に査定を依頼するのには、一括査定サイトリビンマッチ(旧スマイスター)を利用することが便利なようです。
一つひとつの会社にお願いしていく手間が省けますし、最初は入力作業だけですので簡単です。
売却するしないの判断は別として、試しに使ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

【Mr.リビンマッチが解説】サービスを活用しての声 その2

不動産9

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・歩き方」今回は、「サービスを活用して その2」です。

リビンマッチ(旧スマイスター)サイトには利用者の声をお届けする「不動産コラム|利用者の声」のページがあり、リビンマッチ(旧スマイスター)を利用した方のインタビューが記載されています。
リビンマッチ(旧スマイスター)を利用した際の体験談として、詳細なやりとりやその時感じたこと、ときに不満さえも載っています。
リビンマッチ(旧スマイスター)さん側からしても、かなり正直に利用者の声を反映したページとなっていて、一読の価値アリです。
前回に引き続き、今回もピックアップしてご紹介したいと思います。

リビンマッチ(旧スマイスター)を利用しての声

「一括査定をする前に自分の値段を見つけることが大事」(男性/30代)
こちらの利用者は、リビンマッチ(旧スマイスター)を利用した時期2016年4月、媒介契約締結時期は翌月の5月と、利用開始から媒介契約までひと月です。
物件は東京都新宿区の分譲マンション、専任媒介契約で、査定最高価格が5,850万円、最低価格が5,400万円でした。

Q これまでインターネットでリビンマッチ(旧スマイスター)のような一括査定サイトをご利用されたことはありますか?

A 以前に別の不動産売却査定サイトを利用したことがあります。
そのときは、自分の不動産がいくらかを知る程度でした。
御社のサービスも基本的にはそことそんなに変わらないのかな?と思いました。
不動産売却の経験はなく、今回が初めてです。
以前にも他のサイトを利用したことのある、一括査定サイトの経験者のようです。
単純に自分の持っている不動産の価値を知るのに、リビンマッチ(旧スマイスター)のような一括査定サイトはやはり便利なようです。
不動産の売却経験がない状態でも気楽に始められるところが良いと思います。

Q 取引した不動産会社に決めた理由は?

A 5社を紹介してもらい、実際に来てもらって見てもらって話をしたのが3社でした。
その中で、今回依頼をした不動産会社は、担当の営業方の対応や知識が良かったことが決め手でした。
一番に連絡が来たのがその方でした。水曜日にリビンマッチ(旧スマイスター)を利用したのですが、不動産会社は水曜日休みのところが多いのですが、すぐに連絡が来ました。
また地域のことをよく理解しているようでした。例えば、その地域であればどういった不動産があってどういった方が購入希望で多いのか、といったことですね。
あと、査定金額も一番高かったです。
対応がすごく良かったため、同時に住み替え先の相談もしています
複数の不動産会社を比較検討できるのがリビンマッチ(旧スマイスター)サイトの強みです。
会社によってサービスや査定金額がある程度ばらついて、選択肢が生まれることによって、より条件の良い会社を選ぶことができます。
ただ、極端に高い査定額を出してくるところは、媒介契約を結ぶことだけが目的で、媒介契約締結後に査定額を大幅に下げてくるといった悪質な会社である可能性もあります。
他の会社よりも飛びぬけて査定額が高い場合にはその根拠をしっかりと質しましょう。

Q 今回の売却活動で初めて知ったことや驚いたことは?

A ネットの売り出し情報は、結構見られているということですね。
媒介契約を結んでから、ネットに物件情報を出しているんですけれども、出したとたん同じマンションで売りに出していた別の部屋が、値段を同じような設定に変えていて驚きました。
売ろうとしている人は同じことを考えているのかな?値段の調整しているのかな?と思いました。
自分の物件の価格を公開することが、直接市場に影響を与えるところは新鮮だったようです。
情報や価格を公開するということは、そのこと自体が世の中のひとつの価値となるので、絶えず状況をチェックして市場の変化を見逃さない他者は、即座に反応して微調整することを繰り返しています。
相互のわずかな変化が密接に影響し合い、さらに変わっていく、そういった風に市場価格というものは形成されていきます。

Q これから売却する方へのアドバイス

A 査定価格を聞く前に自分の内部状況などを含めて、いくらで売りたいという基準を考えておかないといけないと思います。
不動産会社の査定価格は、同じ様な価格に落ち着いてしまうかもしれませんから。一括査定をする前に自分の値段を見つけることが大事だと思います。
素人であれば基準というものがありませんから、最初は分からないことだらけだと思います。
はじめは見当もつかないでしょうが、分からないなりにまず一本自分で線を引く。
最初に自ら基準となる線を引くことで、リビンマッチ(旧スマイスター)などの一括査定サイトである程度の価格の相場が分かった時に、自分の考えと市場とのギャップに気付くことができます。

その時はいくらでも修正できますので、まず自分で基準を決めるということは重要です。
はじめから言われるまま、なすがままだと受け身になってしまいますので要注意です。

【Mr.リビンマッチが解説】サービスを活用しての声 その1

不動産10

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・歩き方」今回は、「サービスを活用して その1」です。

リビンマッチ(旧スマイスター)サイト内にある「不動産コラム|利用者の声」ページでは、実際にリビンマッチ(旧スマイスター)を利用した方の言葉を読むことができます。
インタビューでは、リビンマッチ(旧スマイスター)を利用して体験した際のかなり詳細な部分や、率直な意見、ときに不満も述べています。
リビンマッチ(旧スマイスター)さん側もかなり正直に利用者の声を反映したページとなっていますので、皆さんにもご紹介したいと思います。

リビンマッチ(旧スマイスター)サービスを利用しての声

「不動産の売却は、やはり沢山の不動産会社に調査してもらったり意見を聞いた方が良いと思います」(男性/60代)
この利用者は、リビンマッチ(旧スマイスター)を利用した時期と媒介契約締結時期はともに2016年4月で、利用開始から契約までひと月かかっていません。
物件は大阪市交野(かたの)市の一戸建て、専任媒介契約で、査定最高価格が880万円、最低価格が700万円でした

Qこれまでインターネットでリビンマッチ(旧スマイスター)のような一括査定サイトをご利用されたことはありますか?

Aリビンマッチ(旧スマイスター)のような一括査定サイトを利用したことはじめてです。
不動産売却の売買の経験はあります。12,3年前に田舎の土地を売却しました。
不動産の売買の経験がおありのようですが、それでもリビンマッチ(旧スマイスター)サイトを利用されたようです。
お試しで手軽に登録するだけでも構いませんから、リビンマッチ(旧スマイスター)のような一括査定サイトは心理的なハードルが低いことも特徴です。

Q リビンマッチ(旧スマイスター)のサービスで良かった点と悪かった点は?

A 対応が早かった点がとても良かったです。
ちょっと不満としては、地域にもよるとは思うのですが、紹介してもらった会社が2社しかなかったことですね。
地域や条件でも異なりますが、自分の物件に手を挙げる会社が少なかったという意見も率直に述べられています。
しかし、たとえ少なくとも物件の大体の市場価格を掴むことはできますので、結果が気に入らなければ売らないこともアリだと思います。

Q 戸建ての売り出し価格はどのように決定しましたか?

A 私の女房が、800万円は手元に残して欲しいということで、高く売りに出したとしても、どうせ値引きされることを見据えて少し高めに売りに出しました。
売却の際に最低価格を先に決めておくことは大変重要だと思います。
最終的にその値段に落ち着くように、最初に高めに上乗せした額を希望売却価格に設定したとのことで、さすが売却の経験者です。

Q 今回の売却活動で初めて知ったことや驚いたことは?

A 売りに出す前に、境界線の確認をしてもらったときに、境界に矢印を打たなければいけないルールを知って驚きました。
購入したときは境界にブロック塀だけでそういった標識がなかったので、新たに付けなくてはいけなかったんだと知りました。
不動産のルールや法律は複雑です。
おまけに不動産関係の仕事でもしていない限り、詳しくなることもありませんから、実際に取引する段階になると驚いたり意外に思うことも多そうです。

Q これから売却する方へのアドバイス

A 不動産の売却は、やはり沢山の不動産会社に調査してもらったり意見を聞いた方が良いと思います。不動産の売買があまり良くわからない人にとっては、不動産会社さんしか頼りにはできないのですから。
ですので、リビンマッチ(旧スマイスター)さんにはもっと不動産会社さんを増やして欲しいと思いますね。
この方の場合は残念ながら2社から選ぶことになったわけですが、一括査定サイトであるリビンマッチ(旧スマイスター)を選択したことは間違っていなかといえると思います。
(本当の)希望価格を80万円上回る査定価格が出されたわけで、無事に金額目標は達成されたようです。

Powered by Mr.リビンマッチがお送りする|歩き方 &