「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・歩き方」今回は、「ビル管理」についてご説明させて頂きます。

リビンマッチ(旧スマイスター)のビル管理とは

リビンマッチ(旧スマイスター)では複数のビル管理会社に一括で見積もり依頼できる比較することができます。複数のビル管理会社の見積もり金額と業務内容を比較できます。

対応業務は、ビル管理、ビルメンテナンス(ビルメン)、清掃、建物管理、設備管理、管理員、省エネ、原状回復などニーズに合わせて選択できます。 必ずしも見積もり依頼したビル管理会社と契約する必要はありませんので、必要に応じて商談を行い、納得した場合のみご契約ください。

ビル設備管理について

ビル設備管理業務は主に常駐設備管理,空調機点検、冷凍機点検、エレベーター点検、巡回設備点検ボイラー点検、受変電設備点検、防火対象物点検などがあります。ビル設備管理の業者選びをする際は、費用は勿論の事、これらの設備点検と維持管理を高品質で行えるのかどうかも大切なチェックポイントとなります。

ビル清掃について

ビルの入居者の満足度を維持し、満室でビル経営をするにはビルメンテナンス(ビルメン)の中でも特にビル清掃業務は欠かせません。ビル清掃業者選びでは、以下の点をチェックすることをお薦め致します。
・対応業種と業態
・料金
・清掃スタッフの質(対応力やマナー)
・取引実績
料金だけにこだわると充分な業務が行われず、ビルが荒れ放題になってしまう事があります。そうならない為にも複数のビル清掃業者の比較も欠かせないポイントとなります。

詳細はコチラより

ビルメンテナンス会社の選び方は慎重に!

ビルメンテナンス会社に施設のメンテナンスを委託する際には、失敗するかしないかは会社選びで決定します。ひとくちにビルメンテナンスと言っても、清掃、警備・防災、建物・設備管理、事務管理、省エネ対策、原状回復など業務は多岐に渡ります。ビルの利用者の安全を確保して、快適に利用できるようにするには優良なビルメンテナンス会社に管理とメンテナンスを請け負ってもらうことが大切です。契約後にいいかげんなサービスをすることがあっても、すぐに会社の変更が出来ないケースも少なくありません。また、不必要な高額サービスを利用してしまいコストが高くなってしまうこともあります。ここでは、失敗しないビルメンナンス会社の選び方をご紹介いたします。

見積りを比較

当サイトでもサービスをしているビルメンテナンス会社の見積りを比較することが必須です。その際、金額はもちろんの事、サービス内容も吟味するようにしましょう。安い見積りを出した会社に依頼をしたくなるところですが、契約を優先して見積りを出す会社もあります。ビルメンテナンスサービスの品質の善し悪しは、サービス開始後に分かることがほとんどです。安い金額につられて契約して、実際はサービスの品質が非常に悪く後悔することがないようにしましょう。

対応の質を確認

メールか電話で問い合わせをして、その対応の質を確認することも大切です。「どのくらいのスピードで対応してもらえるのか」「質問した内容に明確に回答をしてもらえるのか」「要望に対して誠実に対応してもらえるのか」「雑な対応はないか」を確認しましょう。当サイトで見積り依頼をしていただいた場合、見積りの対象となった会社からメールかお電話にて見積りの対応をしていただけますので、その際の対応の質も必ず確認しましょう。

得意な管理業務内容と実績を確認

オフィスビルが得意な会社もあれば、マンションが得意な会社もあり、介護施設が得意な会社もあります。その建物の用途によって、特別な対応や専門的知識が必要になることがあります。見積り依頼・お問い合わせをした際には、得意な業務内容と実績を紹介してもらいましょう。

拠点の場所を確認

急なトラブルが起きた場合、すぐに駆けつける迅速な対応ができないと利用者の満足度が下がる可能性があります。拠点が遠い場合は、駆けつけるまでに何時間もかかってしまい利用者の不満が大きくなってしまう可能性があります。拠点の場所が迅速な対応が期待できる場所かどうかを確認しましょう。

ビル管理のコスト削減、現状のビル管理会社に満足してないのであれば、一度リビンマッチ(旧スマイスター)でお見積りしてみてはいかがでしょうか?