「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・歩き方」今回は、マンション管理費についてです。

不動産16

リビンマッチ(旧スマイスター)のマンション管理とは

マンション管理組合の理事、監事の方のマンション管理会社の見直し、変更、リプレイスをご検討の際にご利用ください。
マンション管理だけでなく、大規模修繕工事も一括見積もりできますのでマンション管理管理組合理事の方、必見です。
入力は1分で完了。費用は完全無料となります。
また、マンション管理組合の理事長様、理事様だけでなく一般居住者の方、一棟マンションのオーナー様もご利用いただけます。
必ずしも見積もり依頼したマンション管理会社や大規模修繕工事業者と契約する必要はありませんので、必要に応じて商談を行い、納得した場合のみご契約ください。

マンションの管理料が削減出来たら、、、居住者の方はきっと喜ぶと思います。
本当に今の管理会社でいいのか、リビンマッチ(旧スマイスター)で一度相談してみる価値はありそうです。
納得した場合のみ契約すればいいというのもいいですね。

リビンマッチ(旧スマイスター)でマンション管理の見直しで、資産価値を維持・向上させることができる?

マンションの資産価値は現時点の需要と将来の需要予測によって決まります。“現時点で住みたい”、“将来住みたい人が多くなりそう”と考える人が多ければ多いほど、資産価値は高くなります。この“住みたい”と思ってもらうために、「マンション管理の質が高い」ことは非常に重要な要素になります。もちろん、立地条件によっても資産価値は大きく変わりますが、一度購入してからは立地条件を変えることはできません。購入後に資産価値の維持・向上を図るには、マンション管理の質を上げることが重要なのです。

マンション管理の質はこれで決まる!

コミュニティ
居住者相互の関係性を構築して、日頃からコミュニケーションがある状況や情報の共有化をすることで住んでいる人にとって気持ちの良いコミュニティを形成できます。居住者同士が問題が抱えているマンションには住みたい人は増えないでしょう。管理組合と管理会社が協力してコミュニティの質の向上を図る必要があります。管理会社の協力が無い場合は管理会社の変更を検討しましょう。

設備
建物自体や共有部・設備や専有部の設備仕様は日頃のマンション管理業務と計画的な大規模修繕工事をすることによって質を保つことができます。

現在のマンション管理会社の管理業務がしっかりなされていない部分があったり、大規模修繕工事に問題がある場合は管理会社の変更を考えても良いかもしれません。

管理組合のマネジメント
管理費の無駄がないかどうかや修繕積立金がしっかりと足りているかなど良好な財務状態をつくることが必要になってきます。また、上記2点のコミュニティと設備の質を管理する事も役割として求められます。管理組合を構成するのは居住者で専門家ではありません。
専門家であるマンションの管理会社が充分なサポートをしてくれていない場合は管理会社の見直しを考えた方が良いかもしれません。

上記の3点でマンション管理の質は決まるといっても過言ではありません。
少しでも今の管理に疑問を持った場合は、一度他の管理会社に見積もりを依頼してみましょう!