不動産4

「リビンマッチ・歩き方」今回は「不動産買取の流れと特徴!買取に向いているケースとは?」です。

不動産の売却には、「買取」と「仲介」の2つの方法があります。それぞれに特徴があり、売却にいたる流れも異なります。

ここでは、契約成立までの流れや売却額の差なども考察しながら、「不動産買取」による不動産売却の方法やメリット、デメリット、不動産買取に向いているケースなどの解説をしていきます。

仲介と買取それぞれの流れ

「仲介」を利用した場合には、買主が「一般の購入希望者」になりますが、「買取」の場合は「不動産会社」が買主になります。そのため、両者では、不動産を売却するまでの流れに違いが生じます。

「仲介」で売却する場合

仲介は、売主に代わって、不動産会社が不動産の売却を行う方法です。主な流れをみてみましょう。

売却相談、査定依頼

査定価格の提示

正式に売却を依頼(媒介契約を締結)

広告宣伝、販売

買受申込

契約条件調整、不動産売買契約締結

残金決済と引渡し

このように、仲介では媒介契約の締結後、不動産会社がインターネットや不動産流通機構(レインズ)、新聞のチラシなどで広告活動を行い、購入希望者を募ります。契約成立後も、物件の引き渡しが完了するまで、不動産会社が徹底的にサポートします。

また、不動産会社が取引をスムーズ進めるために果たす役割は大きいので、対価(成功報酬)として「仲介手数料」を支払います。

「買取」で売却する場合

買取の場合は、買主が不動産会社になるので、売却までの流れは大幅に短縮されます。

売却相談、査定依頼

査定価格の提示

契約条件打ち合わせ

不動産売買契約締結

残金決済と引渡し

不動産会社による直接買取なので、「広告宣伝活動をする必要がない」という点が、仲介との大きな違いです。

不動産買取のメリット

不動産買取を利用した場合のメリットを見てみましょう。

仲介手数料がかからない

買取では、買主が不動産会社なので仲介手数料は不要です。また、売却までの流れが短いためにスケジュールが立てやすく、現金化がスムーズに進みます。

買い手が付きにくい物件でも売却できる

「買取」では、一戸建てや土地マンションなどの不動産だけではなく、広大な土地やアパートの1棟買いなどにも対応してくれることがあります。

不動産会社は、状況の良くない物件や、破損設備の改修が必要な物件でも、自社で修繕を行い販売するため、一般的にはなかなか買い手が付かないような物件でも、積極的に買取をしていきます。

不動産買取の利用が適しているケース

下記のようなケースの場合には、不動産売却時に「買取」を選択すると大きなメリットになるでしょう。

  • すでに物件の買い替え先が決定している
  • 相続税の納税期限が迫っている
  • すぐにでも現金が欲しい

不動産買取のデメリット

ここでは、「買取」を選択した場合のデメリットをみていきます。

売却額が下がる

売却価格が「仲介」で販売した場合よりも下がる可能性があります。不動産会社は、買い取った不動産に付加価値を付けて再販することで利益を得るためです。

仲介を利用した売却の場合には、買主と売主間の取引を「まとめる役」なので、仲介手数料が不動産会社の利益となります。

このように、買取と仲介では、不動産会社が得る利益の源泉は全く異なります。

買取されないこともある

不動産会社は、個人ではなかなか難しい大規模なリフォームや改修も行います。しかし、改修にかけた費用よりも低い金額での売却、あるいは、売却の目途がたたないなどのリスクを考慮した結果、買取されない例もあります。

悩んでいるならリビンマッチの無料一括買取査定

リビンマッチでは、不動産買取価格を無料で一括査定できるサービスを提供しています。スピーディーに、より高く不動産を売却するためにも、ぜひ利用したいサービスです。

無料一括買取査定の利用方法は簡単

無料一括買取査定を依頼すると、複数の不動産会社から買取予定価格が提示されます。あとは、査定された価格と買い取りを希望している不動産会社の比較検討をして、売却先を決定するだけです。

不明な点があれば、気軽に買取会社に質問することもできます。また状況に応じた買取会社との打ち合わせも可能です。もちろん、条件に納得できた場合だけ契約すればOK。査定依頼から契約までの流れがスムーズに進みます。

「買取」以外の売却方法を考えている場合も一括査定!

不動産の売却を「買取」以外の方法でも考えているという方は、リビンマッチの「不動産売却一括査定」の利用がおすすめです。

リビンマッチの不動産売却では、全国の不動産会社1,400社以上に、無料で一括査定を依頼することができます。一括査定は最短で45秒、地域ごとに最大6社へ無料査定を依頼できます。

現在居住中の物件でも査定に影響はありません。査定結果に納得した時だけ媒介契約をすればOKです。売買契約を結んだ場合には、不動産会社がさまざまな宣伝活動を行い、購入希望者を見つけてくれます。

自分の状況にあった売却方法の選択を

不動産買取には、短期間での売却や、設備に問題がある不動産でも売却しやすいといったメリットがあります。その一方で、仲介に比べると売却価格が低くなるなどのデメリットも存在します。

今回の記事を参考に、自分に合った売却方法を選んで、納得のいく不動産取引をしていきましょう。リビンマッチの無料一括査定で査定額を比較するのも、ひとつの方法です。