不動産1

「リビンマッチ・歩き方」今回は「不動産買取の最適な方法は?仲介との違いも解説」です。

不動産の売買だけではなく、土地の活用方法やマンションの管理、不動産投資まで幅広くサポートしているリビンマッチは、「不動産買取」の場面でも役立てることができます。

ここでは、不動産買取に必要な書類や、買取におけるリビンマッチの使い方を紹介していきます。

不動産買取とは?

そもそも「不動産買取」とはどのようなものなのでしょうか。「買取」と「仲介」の違いも含めて説明します。

買取と仲介では買主が異なる

不動産の売却方法は、主に「仲介」と「買取」の2つの種類に分かれます。

  • 買取
    売却を希望した不動産を、不動産会社が売主から直接買い取る方法です。従って、不動産の買主は「不動産会社」になります。
  • 仲介
    不動産会社が売主に代わって購入希望者を募集し、不動産を売却する方法です。買主は、「購入を希望してきた相手」です。

買取、仲介のメリットとデメリット

「仲介」では、不動産会社が売主に代わって買主を探すため、まずは購入希望者を見つけなければいけません。また、契約が成立した場合には、不動産会社に仲介手数料を支払います。

このように、仲介では、手間や費用がかかるというデメリットがあります。ただし、買取に比べると、不動産を高い値段で売却できる傾向があります。

「買取」は、そのまま不動産会社に買い取ってもらうだけですので、特に煩わしい手間はかかりません。購入希望者を探す必要もないので、比較的短期間での売却も可能です。ただし、仲介に比べれば、売却金額が安くなる可能性があります。

このように、買取と仲介、それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分に最適な方法を選んで、後悔することのない不動産の売却を行いましょう。

不動産買取に必要な書類

不動産の「買取」で不動産を売却する場合には、どのようなものが必要なのでしょうか。

書類の中には必ず用意しなければいけないものと、そうでないものがありますが、手続きをスムーズに進めるためにも、書類はできるだけ多く用意しておきましょう。

  • 身分証明書
    運転免許証など、本人を証明できるものが必要です。不動産の共有者がいる場合には、全員分の身分証明書が必要になるので注意してください。
  • 印鑑証明書
    発行から3ヶ月以内のものが必要です。不動産の共有者がいるときには、全員分の印鑑証明書を用意しなければいけません。
  • 実印
    不動産の共有者がいるときには全員分が必要です。
  • 住民票
    引き渡しの時点で、発行されてから3ヶ月以内のものを用意してください。現在の住所と登記上の住所が違う場合に必要です。不動産の共有者がいるときには、全員分が必要です。
  • 銀行口座書類
    売買代金を振り込むための口座です。
  • ローン残高証明書
    住宅ローンを利用している場合には、残高を証明するために必要です。
  • 権利書
    不動産登記時に登記所から発行されます。物件の所有者であることを証明するために必要な書類です。
  • 建築確認通知書、検査済書
    土地や一戸建ての売却では必要です。戸建の場合、適法建築であるかどうかの証明にもなります。
  • 建築設計図、工事記録書
    絶対に用意しなくてはいけない書類ではありませんが、リフォームやリノベーションをする場合は必要になります。
  • 耐震診断報告書
    絶対に必要な書類ではありませんが、耐震基準などに対する関心は高まる傾向にあるため、スムーズな売買のためにも用意したほうが無難でしょう。なお、新耐震基準が導入される前に建てられた不動産は、耐震診断報告書の提出を求められる場合もあります。
  • 土地測量図面や建物の図面
    土地や戸建ての売買では必要です。近隣との境界線を明確にして、不要なトラブルを避けるための重要な書類です。
  • 管理規約
    マンションの売買では必要です。売却に出されているマンションがどのような管理なのか、またどういう決め事があるのかを、購入希望者に知らせるためには重要です。

無料一括買取査定の使い方

リビンマッチで提供されているサービス、「無料一括買取査定」の利用方法をみていきます。

使い方は簡単

リビンマッチの無料一括買取査定は簡単です。始めに、分譲マンションや一戸建て、土地など「物件の種別」を選択します。次に「都道府県」を選択、さらに「市区町村」と「街」を選択すればOKです。

なお、リビンマッチの不動産買取査定では、条件に合致した不動産会社複数の査定額を比較することができます。物件の売却を考えている、あるいは、多少安くてもできるだけ早く現金化したい、住宅ローンに困っている、などという方には、おすすめのサービスといえるでしょう。

一括査定は不動産「買取」なので、売却した不動産は、不動産会社が直接買い取ります。そのため、

  • 売却が比較的短期間で行える
  • 仲介手数料が不要
  • 秘密で売却が可能
  • 瑕疵担保保険がない

などのメリットもあります。

査定を依頼する不動産会社の数に制限がないのも、リビンマッチの一括買取査定を利用するメリットでしょう。もちろん、事業用の不動産でも買取査定が可能。売却相手は不動産会社なので、売却先を探す必要はありません。

一括買取査定でスピーディーな買取を

仲介による売却は、通常3か月から6か月程度ですが、買取では早くて2週間から1か月程度で売却が成立することもあります。また、不動産を引き渡す時期について、買取業者との相談もできます。

複数の査定額を検討して悔いのない不動産買取を!

不動産買取のメリットは「短期間での売却」です。契約が成立しても、書類が足りなくて余計な時間かかってしまったのでは、「買取」を選択した意味が薄れてしまいます。書類は可能な限り用意してから、リビンマッチの一括買取査定を利用して、手間のないスムーズな不動産買取を目指しましょう。