不動産について、一から学びたいという時に「リビンマッチ」の用語集はおすすめです。
今日で第19弾となりますが、関連ワードまで色々と紹介していく予定ですので、是非参考にしてみて下さい。

▽温室効果ガス
二酸化炭素、メタンなどに代表される地球温暖化の要因となる気体の総称。京都議定書では、6種類の化学物質を指定し、排出量を削減するよう目標値が定められています。人為的な活動により排出される温室効果ガスの中で、最も影響が大きい物質は、二酸化炭素といわれています。

▽オンライン申請
不動産登記をオンライン上で申請することです。オンライン申請には、法務省のオンライン申請のシステムに利用者登録している司法書士が、インターネット上で法務省のオンライン申請のシステムに接続して、不動産登記の申請情報を送信することが必要なことです。

▽オンライン庁
インターネットを用いてオンライン上での不動産の登記申請をできるようにし、登記簿がデジタル化されている登記所のことをオンライン指定庁といいます。しかし、オンライン指定庁がある法務局によっても、今までの通り非デジタルの書面上で登記申請をすることができます。

▽カーテンウォール
カーテンウォールは構造上取り外し可能な外壁のことで、壁とサッシが一体化している製品です。構造は柱や梁が負担しているのでカーテンウォールは地震力に抵抗する必要はなく、自重と風圧力に対する耐力を持てば済むとされています。カーテンウォールは主に鉄骨造の建物に採用され、バリエ-ションあるデザインを表現することができます。

▽カーテンレールボックス
カーテンの開閉をスムーズにするためのレールや、カーテンを下げるフックを見えなくするように覆っている箱状のもので一般的にはカーテンボックスと呼ばれています。天井に埋め込んでいるタイプ、窓枠の上部に取り付けてあるタイプなどがあり遮光性においても高める効果があります。

▽カーボンニュートラル
人間活動でCO2の排出量と吸収量が相殺されて0になっている状態のことです。 例えば、植物は空気中にある二酸化炭素を固定化してからだを作っているので、それを燃焼することによって二酸化炭素を排出してもカーボンニュートラルということになります。

▽買い換え特約
これから買おうとする不動産があります。買い主が別の不動産を売却した代金で当該の不動産を購入する場合を「買い換え」といいます。このような場合、不動産を売却がうまく行かなかった場合には当該不動産が買えない場合が出てきます。それ故手持ちの不動産が売却できなかった場合にそなえ、不動産の購入契約を解除し、その契約を白紙に戻す事ができるという特約を付けることができます。この特約を「買い換え特約」といいます。