「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・歩き方」今回は、リビンマッチ(旧スマイスター)歩き方用語集も第15弾です。不動産に関する用語とその説明をいくつかリビンマッチ(旧スマイスター)サイトからピックアップして紹介してきましたが、参考になっているでしょうか?少々不安ではありますが(笑)、引き続きご紹介させて頂ければと思います。

▽MBS
モートゲージ(Mortgage)バックド(Backed)セキュリティー(Security)の頭文字を一文字ずつとった言葉のことです。不動産を担保としている融資に係る債権を裏付けるために発行された証券のことです。一般的にはモーゲージといわれています。

▽LCCM住宅
住宅が建設されてから解体されるまでの期間中において、二酸化炭素を排出した総量がマイナスになる設計を施されている住宅のことです。ライフ(Life)サイクル(Cycle)カーボン(Carbon)マイナス(Minus)住宅の頭文字をとった言葉です。

▽L値
床衝撃音に対する遮音性能を示す数値で、上の階で生じた音が下にどのぐらい聞こえるかということの指標となります。子供が飛び回ったりすることなどで生じる重量床衝撃音(LH)に対するものと、食器などが床に落ちることで生じる軽量床衝撃音(LL)に対するものの2種類があります。ほとんど気にならないレベルのものを50とし、数字が小さいほど遮音性能が高くなります。

▽LDK
リビング・ダイニング・キッチンの頭文字を繋げた言葉です。居間・食事室・台所の機能が備え付けられた部屋を表す和製英語で、DKと表示されている場合はダイニングキッチンの事を示しています。2011年には広さの基準が定められ、LDKで居室(寝室)数が1室の場合は8畳以上、2室からは10畳以上が目安となっています。

▽沿道地区計画
幹線道路の沿道の整備に関する法律、都市計画法に規定してある地区計画等の1つです。交通の騒音が著しく相当数の住宅が密集している道路、すなわち沿道整備道路の地区の騒音被害を、緑地帯の整備や沿道の建築物を規制することで騒音防止を図ろうとする計画の事です。

▽エントランス
エントランスは大きい建物の出入り口など、広いスペースがある共同の玄関口のことをいいます。一般的にはマンションや公共施設のことをいいますが、個人の大きな豪邸などの玄関部分を指すこともあります。エントランスはその建物の顔になり、強い印象を与えることもあります。

▽HEMS
住居で使用される家電や冷暖房器具のエネルギー消費の状況を把握し、それを最適化するように制御するシステムのことをいい、Home Energy Management Systemの略称です。太陽光発電や熱供給なども一緒に管理することにより、より効率よくエネルギー管理をすることができます。