「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・歩き方」今回は、リビンマッチ(旧スマイスター)の歩き方用語集第12弾です。聞きなれない不動産用語をいくつか紹介します。
私自身も聞いたことない用語もありますので、知らいないという人も多いかも知れませんが、是非とも参考程度にご確認頂けたらと思います。

また、こちらの用語につきましてはリビンマッチ(旧スマイスター)の公式サイト内にある「用語集」からピックアップしたものになりますので、実際に学習も兼ねて確認したい場合は、リビンマッチ(旧スマイスター)公式ページにてご確認すると良いです。

Mr.リビンマッチ

▽EBITDA
Earnings Before Interest, Taxes, Depreciation and Amortizationを略したものです。EBITDAは営業利益に減価償却費(有形および無形固定資産の減価償却費)を足し戻すことで算出できます。営業利益と同じように本業の収益性を見ることができ、また、税制や会計ルールなどの違いによる影響も少ないなどの特徴があります。

▽ALC
Autoclaved Light Weight Concreteの頭文字であるALCをとったもののことです。日本語で「軽量気泡コンクリート」と呼ばれています。 「軽量気泡コンクリート」とは、発泡剤をセメントに入れ良く撹拌し、高温高圧状態で養生させたコンクリートのことです。

▽ALC造
ALC造というのは、 ALC製パネルを用いて荷重・外力に耐えるのに必要な組み合わせのことです。 これまでは、高級戸建住宅に用いられる外壁や間仕切りにALC(軽量気泡コンクリート)を使用することがよくありましたが、近頃は賃貸のマンションでもALC造をよく用いられます。

▽AJFI(不動産ファンドインデックス)
不動産証券化協会により公表されている不動産投資ファンドごとの運用実績を示すための指数のことです。ARES Japan Fund Indexを略してAJFIといわれています。私募ファンドとJREITがAJFIの対象となる不動産投資ファンドです。

▽ADR
ADRとは、特定の仲裁機関が主体となって行われる裁判外の紛争解決手段のことを指します。 ADRは裁判では時間や金銭がかかるというデメリットを少なくし、できる限り簡易迅速で低負担で紛争を解決する手段を求めているものです。 ADRには、あっせん、仲裁、調停といったものがあります。